Temtem

Temtemプレイ記録その2

今回も取り溜めしているTemtemのスクリーンショットを貼りながらTemtemのストーリーを振り返ってみたいと思います。

 

前回マックス君と戦いお互いバラバラにアカデミアを目指すことにした我々に博士が選別としてテムカードをくれました。

テムカードとはテムテムを捕獲することの出来るアイテムです。分かり易く言うとモンスターボールですね。

 

それともう一つ、バウムもくれました。これは、テムテムを少し回復することの出来るアイテムです。αバージョン段階では、得られるお金が限られると思うのでこういった消耗品は出来るだけ温存していきたいと思います。

 

そして、やっと街の外に出ることが出来、冒険が始まりました。

フィールドには、所々アイテムが入った箱があり、消耗品等拾えるようです。

 

そして草むらを散策すること5分くらいで初めての野生テムテムをゲット!!この子の名前はKakuと言う名前らしいです。種みたいな見た目だったのでSeedと名付けました。かわいい

 

そして、次の町が見えてくるところで道場(ジムのようなもの)のテイマーと遭遇しました。何でも、道場マスターに外で修業をしてくるように言われたみたいです。つよそう・・・

 

 

戦闘はウィンドタイプを使用してきてレベルはここ周辺のトレーナーより数レベル上でした。流石道場テイマー・・、しかし育成を十分にした我々の敵ではなく何とか勝利を収めることが出来ました。

 

そして、街につくとコンスタンティノス博士とマックス君と見知らぬ女性が話しています。

話してを聞いているとこの女性はコンスタンティノス博士の旧友で最初の道場であるアリゾラ道場のマスターのようです。そして、いまから街の案内もしてくれるようです。

ここは、ルイスさんのお店でタラシアン?の崖の地図を持っているらしい。

 

ここはインディゴ湖で彼女は時間があるときここで水タイプのテムテムのトレーニングをしているようです。

 

そして、ここがテムテムアカデミアです。ソフィアの道場仲間が教師をやってテムテムについて教えているようです。

 

 

そして、最後にここがテンポリウムです。消耗したテムテムを回復したり、アイテムを購入したりすることが出来る施設です。

要は、ポケモンセンターとフレンドリーショップですね。

 

 

 

今回はここまでになります。

新たな街に到着し、アカデミアにも到着することが出来わくわくしてきました!